起業・新規事業を行うあなたが補助金を受けるべき3つの理由

事業資金獲得 補助金

あなたは起業や新規事業を
行い、常にお金に苦しい経営
を続けたいと思いますか?

「そんなの嫌だ!」

と思うのであれば、ぜひ
このまま読み続けていただ
ければと思います。

実は、お金に苦しい経営
になってしまう理由はいくつ
かあるのですが、

今回はそのひとつである

『経費の削減にシビアでない』

というところにフォーカス
したいと思います。

ここで質問ですが、
払ったお金が1/2
とか2/3とか返って
きたら嬉しくないですか?

実はこの日本にはそんな
支援をしてくれる制度が

3000種類もあるんですよ!

これを賢く活用している
事業者は、かなり年間でも
コストの削減が図れている
と思います。

その結果、

お金にゆとりの
ある経営を実現したり、

資金が潤沢に保てる
ようになるので、攻め
の経営がしやすくなったり
します。

そんな制度を国が充実させて
用意しているのをあなたは知って
いましたか?

活用しないともったいない
ですよ。

で、しっかり活用できている
事業者は無駄な経費を削減
して、懐を潤沢にして
一気に勝負をかけたりできて
います。

起業や新規事業をやる上で
補助金を視野に入れることは
非常にメリットが大きいです。

今回はそんな補助金を獲得
すべき3つの理由について
お話しします。

時間が無いという場合は以下
動画にもまとめているので、
こちらをご覧ください。

『お金に追われない経営のために補助金
を獲得するべき3つの理由とは?』

今回の記事を読むメリット

  • これから起業をお考えのあなたが
    どのようなビジネス展開をすると補助金
    が受けやすくなるのかが理解できる。
  • すでに事業をされているあなたが
    どのような事業を行うと補助金が受け
    やすくなり、より大きな売上、より
    安定した経営を実現できるかが理解できる。
  • すでに事業をされているが、なかなか
    思うようなビジネス展開ができないあなが
    が、どのような新しいビジネスをしていけ
    ば補助金を受けやすくなり、より大きな
    売上、より安定した経営ができるようになるか
    が理解できる。

補助金を獲得すべき理由その1
国から応援されている証

補助金が獲得できるということは、
ずばり国から応援されている証が
得られたと考えていいでしょう。

よくプラットフォームに依存した
ビジネスをすると不安定になる
と言われます。

例えば、Amazonでのみ転売
ビジネスを行うとか検索エンジンや
SNSに依存したアフィリエイトをする
とかです。

プラットフォームを提供している
AmazonやtwitterやGoogleが
アルゴリズムや規約を変更して
くると、昨日まで1000万毎月
あった売上が今日から突然0円
とかはよくある話になります。

これはやばいですよね?

しかし、プラットフォームに依存すると
こういう現実が待っているということ
です。

が、しかし、この世には無視できない、
依存せざるを得ないプラットフォームも
あります。

それが…

『国』
です!

このブログを読まれているあなたは
日本に住んでいるのではないでしょうか?

となると、日本の法律に従って生活
していると思います。

日本の根幹である『国』はさすがに
無視できないと思います。

このプラットフォームには、どう
なったとしても従ったほうがいいと
いうか、従わざるを得ません。

とはいえ、この『国』の意向に
沿ったビジネス展開をすれば、
応援されながら資金的なサポート
も受けられる可能性があるという
ことです。

日本から応援されてビジネスを
するというのは、

安定した息の長い経営を続ける
上で絶対に欠かせない要素です。

そういう意味で補助金の獲得を
目指すということは非常に重要
です。

どうしたら国から応援してもら
えるのか?

国から応援されたいのであれば…

  • 国が発展のために必要と思うビジネスモデル
  • 国が発展のため潰せないと思うビジネスモデル

この2つのいずれかもしくは両方を
やっていきましょう!

この2つは補助金が降りやすかったり、
この2つのビジネスモデルにぴったりな
補助金が用意されていたりします。

なので、起業や新規事業をあなたが
考えているけれど、どんなことを
すべきか悩んでいるとしたら、

この2つのビジネスモデルを根拠に
していくと国から応援されやすくなる
のでオススメです。

 
国が発展のために必要と
思うビジネスモデルとは?

ずばり今後発展が予想される分野です。
具体的例としては以下のようなものです。

・IOT
・AI
・ブロックチェーン
など

このような分野の技術開発やこれらを
活用したサービスなどが当てはまります。

なので、報道などで国が

何をしたいのか?
何をしようとしているのか?

このへんを注目してみていると
国が応援したい分野のビジネスも
見えてきます。

そこから新たに始めるビジネスの
ネタを拾ってもいいかもしれません。

 
国が発展のため潰せないと思う 
ビジネスモデルとは?

これはたとえば、

  • 農業

などがあてはまります。

我々の活動の根源は『食』だと
思います。

その『食』を支える農業が潰れて
しまったら、日本を維持できなくなります。

なので、このような分野は積極的に
国も資金投入して、より発展させること
を考えています。

なので、
起業や新規事業で農業はオススメ
です。

もちろん、やり方間違えると大変です。

このへんもなるべく負担がかからず
リスクを抑えて始められる農業ビジネス
の作り方も発信していきたいと思います。

補助金を獲得すべき理由その2
ライバルに大きな差をつけられる

たとえば、同じ地域で同じ規模感、
価格帯、同じようなサービスを展開
するホテルが2軒あったとします。

片方をAホテルとします。
こちらは補助金を活用して
ビジネス展開をしています。

もう一方Bホテルはそれを
活用していません。

補助金を活用すれば、システムの導入
費用や広告費、設備投資の費用などの
1/2を国が補助してくれるわけです。

そうなると単純にかかる経費が1/2に
なる可能性が出てきたりします。

もちろんそんな単純なものでは
ないのですが、

仮に申請した補助金を全てもらえた
としたら、AホテルはBホテルの経費
の半分に済んだりする可能性もあります。

そうなると単純にAはBの倍の利益を
出せる可能性も出てきます。

そうなれば、価格を下げても利益を
出すことができますし、余剰資金が
増えるのでさらに設備投資や人件費に使え
たりします。

設備がよりよいものになり、
内装も綺麗におしゃれにできる。

優秀なスタッフが雇えたり
人員を増やしたりできることで
サービスの質が格段に向上させられる。

こんなことを補助金を活用
すれば実現できるのです。

補助金を獲得すべき理由その3
補助金は返さなくていいお金

つまり、
借金や融資ではない
ということです。

補助金とは設備投資や広告費、
システムの導入費などで使ったお金の1/2
などを補助してもらえるわけですが、

これは単純に補助してもらえているので
返さなくていいお金です。

となると、申請してもらいまくらない
と損ですよね?

注意点としては、

先出しした費用に対して後日補助
してもらえるという形です。

なので、設備投資などをする前提
があるということを忘れてはいけません。

単純に申請したらお金もらえて
それから設備投資するというもの
ではないことを気をつけてください。

また申請して審査もあります。

審査に落ちたら当然いただくことは
できません。

本気でビジネスをしたいと考えて
いて、事業計画などもしっかり
作り、何をいくらで購入するなど
しっかりプランがある人を助ける
制度です。

お金目当てで補助金を獲得を
目指そうとするのは愚の骨頂
なのでそういうことはやめましょう!

 
なぜ国は補助金を出すのか? 

国にとって投資の意味合い
が あると個人的には思っています。

頑張っている事業者の費用負担を
補助金で下げ、利益を上げやすくする

攻めの経営ができるようになり、
売上がより大きくなる

国の税収が増える

こういう感じです。

なので、国としては発展を支えてくれそうな
産業や事業者には補助金や融資などを積極
的に出す体制になっています。

 
『経費の削減にシビアでない』
と大きく損をする

経費の削減にシビアで、自分のやりたい
ビジネスが国の発展を支えるものであれば、
国はあなたのビジネスを応援してくれます。

そして、ここまでお読みになったあなたは
その体制を国が用意していることも理解
できたと思います。

補助金をうまく活用することで
あなたの事業の経費を圧縮して
攻めの経営に繋げやすくなります。

ぜひ補助金の活用も検討してみてください。

  実際に補助金活用したい場合は?

ご契約の顧問税理士や行政書士の先生に
ご相談いただくのがまず良いと思います。

もし、そのような先生がいないとか
相談しづらいなどあれば、弊社でも
無料相談30分を承っておりますので、

下記LINE@からご相談ください。

スマホ以外の場合は、LINE上で
『@kazeo-s』
で検索をお願いいたします。

LINE@登録後に

『無料相談』

とメッセージいただければ、
ご対応させていただきます。

今回の話を動画で
ご覧になりたい場合は以下より

『お金に追われない経営のために補助金
を獲得するべき3つの理由とは?』