融資や補助金などすべらない事業資金獲得の考え方

事業資金獲得 融資 補助金

今回は、タイトルの通り

『融資や補助金などの事業資金獲得を
より有利に行うための考え方』

をまずお伝えしていきます。

「えっ?そんな方法あるの?」

結論から言うと…

「あります!」

今回は事業資金をより有利に獲得するため
の基本的な考え方についてお伝えしていきます。

 
【こんな人に読んで欲しい!】 

・資金繰りに困っている 

・これから起業するのだけれども、失敗確率を下げられるだけ下げたい 

・いま事業が絶好調なうちに新規事業を始めたい

事業資金を潤沢にする上で最も大切な考え方

上記のような方々がより売上を作り、
安定経営を実現するには…

事業のスタート時から資金を潤沢にしておく! 

これが非常に大切です。

スタートしてから何があるかわかりません。
思わぬ出費がかさむかもしれません。
そのせいで心の余裕が無くなれば、正常な判断がしづらくなり、
うまくいく事業も自ら失敗に導くことになります。

 
資金が潤沢

心に余裕が生まれる

正常な判断ができる

事業がうまくいく 

この流れを作るためにもスタート地点
で資金は潤沢にしておきましょう。

そのために創業期には、
融資を最初に 受けてスタートする。

これは事業の幅を広げる上でとても大切です。

起業や脱サラ時は日本政策金融公庫という
政府系の金融機関で借り入れがしやすいので、
こちらをご利用ください。

貯金ゼロで起業・脱サラはするな!

融資を受けるとなると
資産を見られますので、起業・脱サラする前にはしっかり貯金をしてから始めましょう。

もちろん、お金はあればあるほど有利ですが、

最低でも300万円ほど
はストックしておきましょう。

貯金が少ない状況で起業・脱サラすると
僕みたいに自販機のコーラすら買えない
絶望的な未来が待っています。

お金がない場合は、親族などに借りられる
ならそれはそれでいいと思います。

が、借りる際もそのように家族などリスク
の少ないところから借りてくださいね。

事業資金獲得に有利なビジネスとは?

実は…

事業資金を獲得しやすくなる事業展開
とそうでない事業展開があります。

どのような事業をするかがとても重要です。

日々の報道やネットニュースでもいいです。

政府がどんな分野に注目し、
支援しようとしているかチェック
するようにしましょう。

国が伸ばしたい分野や国が潰せないと
思っている分野をどこと捉えているか?

がチェックポイントです。

具体例を出すと

【国が応援したい・潰せない 
と思っている分野】

・AI
・IOT
・ブロックチェーン
・VR
・インバウンド関連
・環境関連
・農業
・飲食業
など

このあたりは国も力を入れている分野です。

ここに関わる形でビジネスを作り上げること
を念頭におくと良いでしょう。

これからの分野であれば、
融資も受けやすくなりますし、
事業展開後の補助金なども審査
が通りやすくなるでしょう。

そして潤沢にした資金を使ってこれらの
分野でビジネス展開をしっかり行なって
いくことでググッと成功確率を上げられます。

資金を潤沢にした先の落とし穴

資金を潤沢にしたところで、
そのお金の管理ができなければ無意味です。

しかし、これから事業展開する方の多くは、
事業としてどのように手にした資金を分配したり、

一方で無駄な出費を抑えたり、
そのポイントがわからなかったりします。

そこで、

メンターやコンサルを
つけることも重要です。

そのへんもしっかり念頭に置いて
事業スタート時の資金獲得を考え
ていきましょう。

せっかく集めても売り上げに
ならない お金の使い方をしていたら、
無駄な借金をしたのと同じになります。

多くの人が借金をリスクと捉えるのは…

借りてきたお金の使い方を
知らないがゆえに間違える!

これです。

なので、

お金を借りることがリスクなのではなく、
お金の使い方がわからないことがリスク
なのです。

事業としてどのようにお金を使って
行っていいかわからない場合は、
わかる人に見てもらいながら学ぶことが大切です。

なので、この部分のお金を
出し惜しみしてはいけません。

まとめ

・最低300万円は貯金をする

・国から応援されるビジネスモデルを考える

・融資を受ける

・メンターやコンサルのサポートを受けて事業を展開する
 

上記を念頭に置いて事業展開をしていきましょう。
失敗確率をググッと下げられます。